ハリハラ像(読み)ハリハラぞう(英語表記)Harihara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリハラ像
ハリハラぞう
Harihara

ヒンドゥー教の神像ビシュヌ神とシバ神が合体した神像で,ビシュヌの別名ハリとシバの別名ハラの合成語。左半身がビシュヌで右半身がシバであるといわれる。カンボジアの前アンコール期に特に尊信された。プラサート・アンデト出土,プノンペン博物館蔵の7世紀の立像は,傑作として知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android