コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊信 そんしん

デジタル大辞泉の解説

そん‐しん【尊信】

[名](スル)尊び信頼すること。また、尊んで信仰すること。
「その住職の―する宗教のことを想像し」〈藤村夜明け前

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊信 そんしん

1226-1283 鎌倉時代の僧。
嘉禄(かろく)2年生まれ。九条教実(のりざね)の子。法相(ほっそう)宗。興福寺大乗院の円実(えんじつ)について出家,円憲,専英に師事。大乗院門跡(もんぜき),興福寺別当となり,長谷寺別当をかねた。弘安(こうあん)6年7月13日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そんしん【尊信】

( 名 ) スル
尊んで、信頼・信仰すること。 「余が最も-するメソヂスト派の教師を/基督信徒の慰 鑑三

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

尊信の関連キーワードサント・マリー・ド・ラ・メール聖護院道澄准三后寇謙之・冦謙之レルパチェン無着・世親像大山祇神社神道修成派慶光院周養ハリハラ像興信法親王聖護院道澄阿夫利神社大元帥明王藤崎八旛宮喜連川昭氏古河公方館光厳天皇花園天皇愛宕神社物部守屋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊信の関連情報