ハリーナ チェルニー・ステファニスカ(英語表記)Halina Czerny Stefańska

20世紀西洋人名事典の解説

ハリーナ チェルニー・ステファニスカ
Halina Czerny Stefańska


1922.12.30 -
ポーランドピアニスト
クラクフ音楽学校教授。
クラクフ生まれ。
ピアノ教本で知られるカール・チェルニーの子孫であり、夫、娘もピアニストである。父にピアノの手ほどきを受けた後、パリのエコール・ノルマルでコルトーに師事し、1939年に帰国し、ワルシャワとクラクフの高等音楽学校で学ぶ。’49年ショパン・コンクールで第1位となり、以後世界各地で活躍。’59年よりクラクフ高等音楽学校教授を務める。2つのポーランド国家賞を受賞。ショパンのスペシャリストとして知られ、主なレコードにグリークの「ピアノ協奏曲イ短調」(ムザ)などがある。’57年に来日。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android