ハリーナ チェルニー・ステファニスカ(英語表記)Halina Czerny Stefańska

20世紀西洋人名事典の解説

ハリーナ チェルニー・ステファニスカ
Halina Czerny Stefańska


1922.12.30 -
ポーランドピアニスト
クラクフ音楽学校教授。
クラクフ生まれ。
ピアノ教本で知られるカール・チェルニーの子孫であり、夫、娘もピアニストである。父にピアノの手ほどきを受けた後、パリのエコール・ノルマルでコルトーに師事し、1939年に帰国し、ワルシャワとクラクフの高等音楽学校で学ぶ。’49年ショパン・コンクールで第1位となり、以後世界各地で活躍。’59年よりクラクフ高等音楽学校教授を務める。2つのポーランド国家賞を受賞。ショパンのスペシャリストとして知られ、主なレコードにグリークの「ピアノ協奏曲イ短調」(ムザ)などがある。’57年に来日。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android