コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロナ潮吹き穴 ハロナしおふきあな

1件 の用語解説(ハロナ潮吹き穴の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハロナしおふきあな【ハロナ潮吹き穴】

アメリカのハワイ州オアフ島東海岸にある岩礁の穴。波の侵食によってできた溶岩の穴に海水が流れ込み、時には10mほどの高さまで潮を吹き上げるさまは、鯨が潮を吹いているように見える。展望台からは周辺の美しい海岸線が見え、よく晴れた日にはモロカイ島ラナイ島が遠望できる。◇現地名は「Halona Blowhole」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハロナ潮吹き穴の関連キーワードオアフ島ハワイ諸島ワイキキビーチ布哇ワイキキJALホノルルマラソンノースショアマラソンワヒネハーフマラソンホノルルマラソンハワイ[州]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone