コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナイ島 ラナイとうLanai Island

2件 の用語解説(ラナイ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナイ島
ラナイとう
Lanai Island

アメリカ合衆国ハワイ州の島。マウイ島からアウアウ海峡を隔てた西に位置する。島は火山パラワイ (1026m) からなる。 1854年にモルモン教徒が集団入植したが失敗に終わった。 1922年まではおもにウシの放牧地だったが,この年農産物生産・加工会社ドールが全島を買収してパイナップルプランテーションをつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラナイ‐とう〔‐タウ〕【ラナイ島】

Lanai》米国ハワイ州、ハワイ諸島中央部の島。モロカイ島の南、マウイ島の西に位置する。最高峰は標高1026メートルのラナイハレ山。1920年代に米国の食品会社が全島を買収してパイナップルのプランテーションを開いた。中心地はラナイシティー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラナイ島の関連情報