コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンケンドゥイ ハンケンドゥイXankändi

1件 の用語解説(ハンケンドゥイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンケンドゥイ
Xankändi

アゼルバイジャン南西部にあるナゴルノカラバフ自治州の州都。首都バクーの西南約 280km,カラバフ山脈の東斜面に位置する。町は 1917年十月革命後,山村ハンケンドゥイに建設され,バクーで活動したアルメニア人ボルシェビキ幹部ステパン・シャウミヤンにちなみ 1923年ステパナケルト Stepanakertと命名。 1991年アゼルバイジャンソビエト連邦から分離独立したのを機に旧名に戻された。行政機関のほか,繊維 (絹) ,食品 (ワイン) ,食品加工などの工業が立地。地域の文化をテーマにした博物館がある。バクー,トビリシバトゥーミと鉄道で結ばれている。人口5万 5200 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone