ハンスイェルク シェレンベルガー(英語表記)Hansjörg Schellenberger

現代外国人名録2012の解説

ハンスイェルク シェレンベルガー
Hansjörg Schellenberger


国籍
ドイツ

専門
オーボエ奏者;指揮者

肩書
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者

生年月日
1948

出生地
西ドイツ ミュンヘン

経歴
13歳からオーボエを始め、クレメントとヴィンシャーマンに師事。1965年西ドイツ青年音楽コンクール第2位。ミュンヘン・バッハ管弦楽団、プロアルテ管弦楽団、ケルン放送交響楽団のオーボエ奏者を経て、’77年からベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で演奏、’80年同フィルハーモニーの首席オーボエ奏者に。2001年退団。アンサンブル・ウィーン=ベルリン、ハイドン・アンサンブル・ベルリンを創設。現代音楽にも積極的に取り組む。’90年代初めから指揮活動も始める。’97年自身のレーベル“カンパネラ・ムジカ”を創設、古典派やロマン派の埋れた名曲を発掘し、CD制作を行う。’97年公演で来日、以来度々来日。

受賞
西ドイツ青年音楽コンクール第2位〔1965年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android