コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンブルク美術館 ハンブルクびじゅつかんHamburger Kunsthalle, Hamburg

1件 の用語解説(ハンブルク美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンブルク美術館
ハンブルクびじゅつかん
Hamburger Kunsthalle, Hamburg

ハンブルクにあるドイツ有数の美術館。 1850年に設立され,69年現在の建物に移った。 1919年に新館を増築。収蔵品のなかでも,14世紀のベルトラムの『グラボウ祭壇画』,フランケの『聖トマス・ア・ベケットの祭壇画』は後期ゴシック絵画の三宝の一つ。そのほかコレクションの中心は 19世紀以後の近代絵画で,特に『希望号の難破』をはじめとするフリードリヒ,大小2点の『朝』を含むルンゲのコレクションはよく知られ,メンツェル,トーマ,リーバーマンらの写実派,印象派の作品も多く,フランス絵画部門もマネの『ナナ』をはじめ充実した内容を誇っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone