コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンブルク美術館 ハンブルクびじゅつかんHamburger Kunsthalle, Hamburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンブルク美術館
ハンブルクびじゅつかん
Hamburger Kunsthalle, Hamburg

ハンブルクにあるドイツ有数の美術館。 1850年に設立され,69年現在の建物に移った。 1919年に新館を増築。収蔵品のなかでも,14世紀のベルトラムの『グラボウ祭壇画』,フランケの『聖トマス・ア・ベケットの祭壇画』は後期ゴシック絵画の三宝の一つ。そのほかコレクションの中心は 19世紀以後の近代絵画で,特に『希望号の難破』をはじめとするフリードリヒ,大小2点の『朝』を含むルンゲのコレクションはよく知られ,メンツェルトーマ,リーバーマンらの写実派,印象派の作品も多く,フランス絵画部門もマネの『ナナ』をはじめ充実した内容を誇っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハンブルク美術館の関連キーワードシューマッハー(Emil Schumacher)ルンゲ(Philipp Otto Runge)ペイトン(Elizabeth Peyton)雲海の上の旅人ハンブルクライプル氷の海

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android