コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なな ナナ

デジタル大辞泉の解説

な‐な

[連語]
《上代東国方言》活用語の未然形に付く。…ないで。…ずに。
「我が背なを筑紫へ遣(や)りて愛(うつく)しみ帯は解か―あやにかも寝も」〈・四四二二〉
[補説]前の「な」は打消しの助動詞「ず」の古い未然形。後の「な」については、打消しの助動詞「ず」の古い未然形、または終助詞、あるいは助詞「に」の音変化した「な」などとする説がある。万葉集東歌にだけみられる。
《完了の助動詞「ぬ」の未然形+終助詞「な」。上代語》活用語の連用形に付く。…てしまいたい。…てしまおう。
「秋の田の穂向(ほむ)きの寄れる片寄りに君に寄り―言痛(こちた)くありとも」〈・一一四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なな

( 連語 )
〔上代東国方言。上代における打ち消しの助動詞「ぬ」の未然形「な」の重複したもの〕
…ないで。…ずに。 「梓弓あずさゆみ末に玉巻きかくすすそ寝-なりにし奥をかぬかぬ/万葉集 3487」 「我が門かどの片山椿まこと汝なれ我が手触れ-地つちに落ちもかも/万葉集 4418」 〔上代における打ち消しの助動詞「ぬ」の終止形の重複したもの、上代における打ち消しの助動詞「ぬ」の未然形「な」に助詞「に」の付いたものなどの説もある〕

なな

( 連語 )
〔上代語。完了の助動詞「ぬ」の未然形「な」に希望の終助詞「な」の付いたもの〕
話し手のひたすらな希望や決意を表す。…してしまいたいな。…してしまおうよ。 「君に寄り-言痛こちたくありとも/万葉集 114

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ななの関連キーワードめっきらもっきら どおん どん七転八起・七顛八起・七顚八起災害用ブロードバンド伝言板奈良県吉野郡下北山村前鬼岐阜県高山市清見町牧ケ洞きょだいな きょだいなエムセブンティーンエヌ静岡県賀茂郡河津町梨本茨城県水戸市下国井町はこだて 大沼牛あいつもともだちやながせいこはっちゃん吉本ばなな四十九日東七線北西七線北七所借り長面妖女遠山桜

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ななの関連情報