バイオマス燃料(読み)バイオマスネンリョウ

デジタル大辞泉の解説

バイオマス‐ねんりょう〔‐ネンレウ〕【バイオマス燃料】

植物資源などのバイオマスを加工して作る燃料。木くずや廃材、トウモロコシ、サトウキビ・ビートの絞りかす(バガス)などを発酵させて作るエタノールエチルアルコール)、家畜の糞尿などを発酵させてできるメタンなど。バイオ燃料

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バイオマス燃料

化石燃料以外の植物や農産物など自然界の資源から抽出した燃料。石油に比べ二酸化炭素(CO2)の排出量が少なく、地球温暖化対策としての効果が期待されている。

(2010-04-24 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイオマス燃料の関連情報