バイオワイン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオワイン

バイオテクノロジーを生産過程の中に導入して生産されるワイン。協和発酵,キッコーマンなどを中心に開発・市販されている。日本の清酒酵母とドイツワイン酵母とキラー酵母などの融合細胞を用いて醸造した新しい風味のワインや,朝鮮ニンジンの組織培養物から抽出した薬効成分 (ジンセノサイド) を添加し,薬効を付加したワインなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android