コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイナリーサイクル発電 バイナリーサイクルはつでんbinary cycle power generation

2件 の用語解説(バイナリーサイクル発電の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイナリーサイクル発電
バイナリーサイクルはつでん
binary cycle power generation

火山地帯の地下にある多量の熱水を利用して発電する際に用いられる発電方式。地熱資源として直接蒸気が得られる場合は,それをタービンに導いて発電する方法が用いられるが,100~150℃の熱水が得られる場合には,その熱をまず低沸点の2次媒体に伝えて高圧の2次媒体蒸気を発生させ,それをタービン発電機に導いて発電する。日本では熱水の方が蒸気よりも多く得られるので,地熱利用の推進に重要な役割を持つ技術である。既に 1000kW級のパイロットプラントの実証試験が 1979年に終了しており,現在1万 kW級の要素技術の開発と概念設計が行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone