コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高圧 こうあつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高圧
こうあつ

(1) high pressure 高い圧力のこと。数万気圧以上になると超高圧という。圧力を伝える物質 (伝圧媒体) として流体または変形する固体を用い,これを管内に封入して,外部からピストンなどで圧力を加えると,高圧が得られる。アメリカの物理学者 P.ブリッジマンが開発した加圧装置が最初のものであるが,大きな面積に加えられた圧力が小さい点に集中し,高圧を伝圧媒体に伝えるようになっており,原理的には普通の水圧器と同じである。簡単なピストン型では約5万気圧 (約 5GPa) が限度であるが,ブリッジマンの鉄床 (かなとこ) 型では 50万気圧,これを立体配置に改良した四面体型では 100万気圧が得られている。またダイヤモンドアンビルセルを用いて 300万気圧 (300GPa) 以上の圧力が得られている。ブリッジマンは,水が 7000気圧あたりで新しい氷になることを発見した。これは密度が1より大きく,高圧下では0℃以上の温度でも存在できる冷たくない氷である。それ以後,高圧下における物質の状態の研究が盛んになり,ポリエチレンのように,新しい物質を高圧下で合成する技術が発達した。ブリッジマンは,加圧装置の発明と高圧下での物性研究によって,1946年ノーベル物理学賞を受賞している。 (2) high voltage 高い電圧を略して高圧という。一般には変圧器の巻線のうち電圧の高いほうを高圧側という。送配電では電圧階級を設けていて,日本では直流は 750V,交流は 600Vをこえて 7000V以下の範囲を高圧と呼び,それ以下を低圧,それ以上を特別高圧,17万V以上を超高圧,35万V以上を超々高圧と呼んで区別している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐あつ〔カウ‐〕【高圧】

高い圧力。強い圧力。「高圧の酸素」⇔低圧
高い電圧。電気設備基準では、送電電圧の規格の一つとして、直流で750ボルトを超え7000ボルト以下、交流で600ボルトを超え7000ボルト以下の電圧。⇔低圧
権力で押さえつけること。「高圧手段」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうあつ【高圧】

高い圧力。
〔「高電圧」の略〕 高い電圧。
▽↔ 低圧

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高圧の関連キーワードネスカフェ ドルチェ グストバン・デ・グラーフの装置高圧ガス保安活動促進週間節水ザブーン洗浄タービンエンジンコンプレッサーオートクレーブフェザーミールHIDランプ空気タービン中緯度高圧帯エスプレッソ亜熱帯高圧帯レトルト滅菌二段ポンプ湿式燃焼法気圧の尾根高圧ポート水圧鍛造機レトルト釜

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高圧の関連情報