コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バインド ばいんど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バインド

ネットワークのデータ経路を確保するために必要なプロトコルなどを束ねる手順のひとつ。Windowsでは、ネットワークコンポーネントの中の、クライアント、アダプタ、プロトコル、サービスの4つを束ねるための設定のことをバインドと呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バインド(bind)

結合すること。拘束(こうそく)すること。「バインドねじ」
データベースを作成する際に、データやファイルなどの各要素を相互に関連付けること。
ラグビーで、スクラムモールの際に、他のプレーヤーの体をつかんで固定すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

バインド【bind】

( 名 ) スル
縛ること。束ねること。括ること。
装丁すること。製本すること。
束縛すること。拘束すること。
コンピューター-ネットワークで、データ経路確保に必要なプロトコルやサービスなどを関連づけること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

バインドの関連キーワードベートソン(Gregory Bateson)コンバインド・ブレーキ・システムコンバインドEGRシステムラグビー(フットボール)コンバインドサイクル発電ノルディックスキーコジェネレーションガスタービン発電キーカスタマイズコンバインド発電日野 プロフィアノルディック複合熱電併給システム東京電力(株)コンピューター東北電力(株)アルペンスキーガスタービンキーアサインネットワーク

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バインドの関連情報