拘束(読み)こうそく

精選版 日本国語大辞典「拘束」の解説

こう‐そく【拘束】

〘名〙
① とらえつなぐこと。自由を制限すること。
※史記抄(1477)一六「注に刻於守職之吏ぞとしたは、守職之吏どもをきりきざむ様にするほどに、此等にちゃうど拘束せらるるぞと云心なり」 〔晉書‐王許邁伝〕
② 犯人や被告が自由に行動できないようにすること。
※刑事訴訟法(明治二三年)(1890)一七七条「被告人は公廷に於て身体の拘束を受くることなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「拘束」の解説

こう‐そく【拘束】

[名](スル)《「拘」はとらえる、「束」はしばる意》
思想・行動などの自由を制限すること。「時間に拘束される」
犯人や被告などの行動・自由を制限すること。「身柄を拘束する」
[類語]束縛縛る支配規制制約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「拘束」の解説

【拘束】こうそく

しばられる。〔晋書、許伝〕(王)獻之、(羲之)の風りとも、殊に新巧に非ず。字勢るに、(そそう)なること枯樹の如く、其の筆蹤を覽るに、拘束せらるること嚴家の(がれい)(かつれた下僕)の(ごと)し。

字通「拘」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android