拘束(読み)コウソク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《「拘」はとらえる、「束」はしばる意》
思想・行動などの自由を制限すること。「時間に拘束される」
犯人や被告などの行動・自由を制限すること。「身柄拘束する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① とらえつなぐこと。自由を制限すること。
※史記抄(1477)一六「注に拘刻於守職之吏ぞとしたは、守職之吏どもをきりきざむ様にするほどに、此等にちゃうど拘束せらるるぞと云心なり」 〔晉書‐王許邁伝〕
② 犯人や被告が自由に行動できないようにすること。
※刑事訴訟法(明治二三年)(1890)一七七条「被告人は公廷に於て身体の拘束を受くることなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android