バガン遺跡

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バガン遺跡

ビルマ族最初の統一王朝、バガン王朝(11~13世紀)の遺跡群。仏教文化が栄えた。3千棟余りの仏塔や寺陰僧院が残り、うち486棟で極彩色壁画が確認された。仏教説話などが描かれ、当時の社会生活史を知る上でも貴重な資料とされる。

(2014-04-08 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

バガン(Bagan)

ミャンマー中部にある都市遺跡。旧称パガン。イラワジ川中流東岸の平野部に位置する。11世紀から13世紀にかけて、ビルマ人初の統一王朝であるパガン朝の都として繁栄。歴代の王により1万以上の仏教寺院・仏塔・僧院が建てられ、現在も2000もの建造物が残る。主な観光拠点は北東に位置するニャウンウー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android