コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バガン遺跡

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バガン遺跡

ビルマ族最初の統一王朝、バガン王朝(11~13世紀)の遺跡群。仏教文化が栄えた。3千棟余りの仏塔や寺陰僧院が残り、うち486棟で極彩色壁画が確認された。仏教説話などが描かれ、当時の社会生活史を知る上でも貴重な資料とされる。

(2014-04-08 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バガン(Bagan)

ミャンマー中部にある都市遺跡。旧称パガン。イラワジ川中流東岸の平野部に位置する。11世紀から13世紀にかけて、ビルマ人初の統一王朝であるパガン朝の都として繁栄。歴代の王により1万以上の仏教寺院・仏塔・僧院が建てられ、現在も2000もの建造物が残る。主な観光拠点は北東に位置するニャウンウー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バガン遺跡の関連キーワードアーナンダ寺院

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バガン遺跡の関連情報