コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシトラシン バシトラシンbacitracin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシトラシン
bacitracin

C66H103N17O16S 。枯草菌から分離されたポリペプチド系抗生物質。抗菌作用はペニシリンに近似しており,主として軟膏,トローチなどの形で局所的に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

バシトラシン

薬に含まれる成分のひとつ。抗菌作用があり、皮膚塗布薬などに含有

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のバシトラシンの言及

【抗生物質】より

…比較的毒性が強いが,内服,注射などで用いる。 上に述べてきた抗生物質以外で現在治療薬に用いられているおもなものには,バシトラシン(環状ペプチド),グラミシジン(鎖状ペプチド。グラム陽性菌に有効で,主として外用で用いる),フシジン酸(ステロイド構造。…

※「バシトラシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バシトラシンの関連キーワードポリペプチド系抗生物質フェニルアラニンアスパラギン酸ペプチド結合イソロイシンオルニチン抗生物質枯草菌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android