bus clock(読み)バスクロック

IT用語がわかる辞典「bus clock」の解説

バスクロック【bus clock】

コンピューターの内部でCPUメインメモリーなどの周辺回路を結ぶ伝送路外部バス)の動作周波数マザーボードでのデータ伝送の通信速度に比例し、一般的に動作周波数が高いものほど処理速度が速い。CPUの動作周波数はバスクロックの整数倍、または半整数倍となる。◇「ベースクロック」「外部クロック」「外部動作周波数」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「bus clock」の解説

バスクロック

バスのクロック周波数FSB、外部クロックとも呼ばれる。単位MHzで、この数値が大きいほどパソコン全体が高速に動作する。同じ種類のCPUであってもバスクロックの周波数が複数存在する場合も多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本「bus clock」の解説

バスクロック

バスを経由してデータを転送する際の速度をクロック周波数で表したものです。特に、メモリー(RAM)に対するデータの読み書き速度を示す際に利用されます。
⇨クロック周波数、バス、メモリー

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉「bus clock」の解説

バス‐クロック(bus clock)

コンピューター内部における、マイクロプロセッサーやメモリー、各種装置を結ぶデータ伝送路の動作周波数(クロック)のこと。ベースクロック。外部クロック。→内部クロック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android