コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バストーニュ Bastogne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バストーニュ
Bastogne

ベルギー南東部,リュクサンブール州の東部,ルクセンブルク大公国との国境近くの町。アルデンヌ高原における交通の結節地で,官庁の出先機関や陸軍病院,農産物,家畜の市場があり,バストーニュ・ハムで有名。第2次世界大戦末期の激戦地の一つ。人口1万 1357 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バストーニュの関連キーワードアレクサンドル ヴィノクロフアルデンヌ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バストーニュの関連情報