コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスマスター方式 ばすますたーほうしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バスマスター方式

メモリーや周辺機器間のデータ転送方式の1つ。バス上でマスターとして動作する専用のデバイス(ボード)が、CPUを介さずに直接メモリーに書き込む(DMA:Direct Memory Access)方式。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

バスマスター方式の関連キーワードバスマスターIDEメモリー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android