コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DMA でぃーえむえー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DMA

メインメモリー周辺機器の間でデータを直接やりとりする方式。データのやりとりにCPUを介さないため、CPUの負担を大きく減らせる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディー‐エム‐エー【DMA】[direct memory access]

direct memory access》コンピューターシステム内における、データ転送方法の一。ダイレクトメモリーアクセス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

DBM用語辞典の解説

米国ダイレクト・マーケティング協会【DMA Direct Marketing Association】

ダイレクト・マーケティング組織とその関連会社の協会。責任ある自己規制を設け、ダイレクト・マーケティング産業の推進をはかり、法律的規制からの自由を保護する役割を担っている。メンバー企業に対して教育ツールの提供、アイデアの交換も行っている。DMMA(Direct-Mail Marketing Association)は旧名称。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ディーエムエー【DMA】

コンピューターで、メモリー同士またはメモリーと周辺機器の間で直接データを転送する方式。CPUを介さずにデータを転送するため、CPUの負担が減るという利点がある。◇「direct memory access」の頭文字から。「ダイレクトメモリーアクセス」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

DMA

〖direct memory access〗
コンピューターで、利用頻度の高いデータやプログラムを、CPU を介さずに入出力装置とメモリーの間やメモリーとメモリーの間で直接転送する方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のDMAの言及

【コンピューター】より

…〈ディスクのどこそこの部分に書いてある4キロバイトのデータを,主記憶の何番地以降に読み込む〉という伝票のようなデータを作って,それをそのディスクに対応した主記憶の特定の番地に書き込む。すると,あとはCPUが関与することなく,バス経由で自動的に連続したデータの転送が起こる (DMA,direct memory access)。入出力装置,通信装置がCPUからどのように見えるかもほぼ同様である。…

※「DMA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

DMAの関連キーワードDevice Exclusion Vectorインテル バーチャライゼーション・テクノロジーDistributed DMAシングルワードDMAモードOPTi VendettaUltra ATA133Ultra ATA/66Ultra DMA/48マルチワードDMAモードUltraATA100CDMA2000 3xEthernetカードCDMA2000 1xUltra ATA33IDE (ATAPI)Fast ATAUltraATA66リスト・クリーニングUltra ATAマルチワードDMA

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android