マスター(読み)ますたー

  • master

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
師匠。親方。
集団の責任者。長。「バンドマスター」「コンサートマスター
経営者。主人。特に、バー・喫茶店などの主人、または支配人。
学位の一。修士。
物事に熟達すること。習得すること。「中国語をマスターする」
原盤2」に同じ。
多く複合語の形で用い、元になるもの、基本となるもの、の意を表す。「マスターテープ」
コンピューターなどで、基本または中心となる装置。主装置。⇔スレーブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(master)
[1] 〘名〙
① 主君。また、学校、船などの長。〔英政如何(1868)〕
② 先生。師。
※江湖機関西洋鑑(1873)〈岡丈紀〉初上「イヤこれは先生マスタル 英語にて先生またはだんなといふ事なり」
③ 店などの主人。雇主。特に、バー・喫茶店などの主人。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「主人(マストル)へ頼んでおいた博覧会の番附を売りに来たのよ」
④ 大学院の修士課程修了者。また、それに与えられる学位。欧米の学位の一つで、現在、日本でもこれに準じているが、古くは学士の意にも用いた。修士。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「放蕩卒業のサルチフヒケイト〔証書〕と、マスタア色男の爵位を以て」
⑤ (━する) 修得すること。熟達すること。精通すること。
※国語のため第二(1903)〈上田万年〉内地雑居後に於ける語学問題「外国語をマスターし得る者ありとするも」
[2] 〘語素〙
① 他の語について、もとになるもの、基本的であることなどの意を表わす。「マスターキー」「マスターテープ」など。
② 他の語について、その集団の長、責任者であることを表わす。「バンドマスター」「コンサートマスター」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のマスターの言及

【学位】より

…つまり学位制度は,ヨーロッパ系と,中国系とに二分される。ヨーロッパ中世の大学では,英語でドクターdoctor,マスターmaster,バチェラーbachelor(今日の学士)という三つの学位が生まれていた。このうち,ドクター(ラテン語doctor)はdoceo(教える)を語源とし,大学の教師資格を証明する称号であった。…

※「マスター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マスターの関連情報