コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスター ますたー

デジタル大辞泉の解説

マスター(master)

[名](スル)
師匠。親方。
集団の責任者。長。「バンドマスター」「コンサートマスター
経営者。主人。特に、バー・喫茶店などの主人、または支配人。
学位の一。修士。
物事に熟達すること。習得すること。「中国語をマスターする」
原盤2」に同じ。
多く複合語の形で用い、元になるもの、基本となるもの、の意を表す。「マスターテープ」
コンピューターなどで、基本または中心となる装置。主装置。⇔スレーブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

マスター

大学院の修士課程。または修士号。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

マスター【master】

( 名 ) スル
主任。長。 「ホテルのフロント--」
酒場・喫茶店などの店主。
大学院で修士課程を修了した者。修士。
会得すること。十分に理解すること。 「英語を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のマスターの言及

【学位】より

…つまり学位制度は,ヨーロッパ系と,中国系とに二分される。ヨーロッパ中世の大学では,英語でドクターdoctor,マスターmaster,バチェラーbachelor(今日の学士)という三つの学位が生まれていた。このうち,ドクター(ラテン語doctor)はdoceo(教える)を語源とし,大学の教師資格を証明する称号であった。…

※「マスター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マスターの関連キーワード原盤 [original record]マスター・スレーブマニピュレータフォルクハルト シュトイデマスター (バックアップ)トランザクションファイルルース・アン マーシャルマスター・ブランド戦略共同マスター・ブランドバスアービトレーショントランザクション処理コンサートミストレスバスマスターIDEゴールデンマスターコンサートマスターグレブ ニキティンマスター・ブランドサブ・ブランド戦略バーバー・ハーバーケーブルセレクトプリマスタリング

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マスターの関連情報