コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスー バスーBasu, Jyoti

1件 の用語解説(バスーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスー
Basu, Jyoti

[生]1914.7.8. カルカッタ
[没]2010.1.17. コルカタ
インドの政治家。裕福な医者の家に生まれ,カルカッタ(→コルカタ)のプレジデンシー・カレッジを卒業後,イギリスに留学して弁護士資格を取得した。その一方,イギリスのマルクス主義者で政治学者のハロルド・ラスキーの影響を受け,政治に関心を向けた。1940年に帰国するとカルカッタ弁護士会に入会し,インド共産党 CPIの党員として活躍する。1947年のインド独立後,ウェストベンガル州議会議員に選出された。1964年 CPIが二派に分裂するとインド共産党マルクス主義派 CPI-M(左派共産党)を結成する。1977~2000年ウェストベンガル州左翼戦線政権で首相を務め,工業化と土地改革を推進し,コルカタの鉄道網の整備などに尽力した。政治活動の多面性と政治指導の柔軟性には定評があり,中央政界にも影響力をもった。著書に『ジョティ・バスー講演集』Jyoti Basu Speaks(1991)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バスーの関連キーワードイタリア映画ロッキード事件フランツゼーデルブロム長谷場純孝常陸山谷右衛門バーナーズ広域噴火熱雲湯浅景介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バスーの関連情報