バッカイ(読み)ばっかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッカイ
ばっかい
Bakchai

ギリシア神話の酒神ディオニソス、すなわちバッコスの女性信徒の呼称。単数形バッケーBakchも用いられ、男性の信徒はバッコイとよばれた。ディオニソス信仰の特徴は、信者の群れが祭儀の熱狂と興奮から神がかりの忘我の状態となって狂い回る点にあり、それはとくに女性の信者に甚だしかった。山野を駆け巡り、手には木蔦(きづた)で飾った木の枝の杖(つえ)ティルソスthyrsosを持ち、炬火(きょか)を振りかざして叫び声を発しつつ乱舞する。ときには野獣を捕まえて引き裂き、生肉(なまにく)を食べたり、大木を引き抜いたりするなどの異常な力を発揮し、バッコスに反抗するオルフェウスやペンテウスをばらばらに裂いてしまうこともあった。酒神に狂わされてバッカイとなった女たちもいたが、いずれにせよバッコスにつき従っている半狂乱の信女たちはバッカイ、マイナデスMainades、ティイアデスThiadesなどとよばれた。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバッカイの言及

【ディオニュソス】より

… いよいよ,人間にブドウの栽培を教えつつ,みずからの神性を認めさせてその祭儀を広める時が来た。彼はまず小アジアを征服,ここで獲得したおもに女性からなる熱狂的な信者たち(バッカイBakchai〈バッコスの信女〉,マイナデスMainades〈狂乱の女〉などと呼ばれる),またいつも彼につき従うサテュロスやシレノスSilēnosなどの山野の精を引き連れて,次はギリシアへと歩を進めた。途中,トラキアでエドネス族の王リュクルゴスに迫害されたのを皮切りに,ギリシアの各地で妨害を受けたが,それらはいずれも彼の神威の前には空しい抵抗にすぎなかった。…

※「バッカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android