コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックキャスティング バックキャスティング backcasting

1件 の用語解説(バックキャスティングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バックキャスティング(backcasting)

未来のある時点に目標を設定しておき、そこから振り返って現在すべきことを考える方法。地球温暖化対策のように、現状の継続では破局的な将来が予測されるときに用いられる。→フォアキャスティング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バックキャスティングの関連キーワード需要予測持続可能な開発定量目標/定性目標持続可能な農業契約ESD織込む持続可能な開発のための教育AFP(アジア森林パートナーシップ)持続可能な開発国際戦略本部持続可能な開発のための教育(ESD)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バックキャスティングの関連情報