コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックファイア backfire

翻訳|backfire

デジタル大辞泉の解説

バックファイア(backfire)

内燃機関で、シリンダー内の火炎吸気管内に逆流する現象。逆火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バックファイア【backfire】

内燃機関で、燃焼室から気化器や吸気管に火が吹き返す現象。点火時期や吸入弁の開閉時期の不整によって起こる。逆火ぎやつか。さかび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バックファイア

ツポレフTu-22M」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のバックファイアの言及

【戦略兵器制限交渉】より

…これらの条約は,米ソの相互核抑止体制の安定化(双方が相手からの攻撃に脆弱である状態を確実にする)のために核戦略と財政負担の観点から相互に戦力を調整したという性格が強く,米ソ緊張緩和(デタント)最盛期を象徴する取決めであった。
[SALT II]
 1972年12月,米ソは第2次取決めをめざすSALT IIを開始し,75年以降,ソ連の中距離爆撃機〈バックファイア〉とアメリカの巡航ミサイルを規制対象に含めるかどうかで難航したが,交渉開始からおよそ7年半を経た79年6月18日,戦略的攻撃兵器制限条約(SALT II)の調印にこぎつけた。同条約は,表2に示すような米ソ同数の数的上限を決めたほか,本文,議定書,覚書などに,MIRV化ミサイルの弾頭数制限,〈バックファイア〉の生産機数制限,ALCMや移動式ICBMなどの配備や発射実験禁止,その他の量的・質的規制を盛り込んでいる。…

※「バックファイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バックファイアの関連キーワード戦略兵器制限交渉マンキウィッツ内燃機関都市ガスツポレフ吸入弁気化器

バックファイアの関連情報