コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻/piano solo Das wohltemperierte Clavier, 1 teil, 24 Praludien und Fugen

1件 の用語解説(バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻/piano solo

「うまく調律されたクラヴィーア(Das Wohltemperirte Clavier)、あるいは、長三度つまりドレミ、短三度つまりレミファにかかわるすべての全音と半音を用いたプレリュードフーガ。音 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻/piano soloの関連キーワードクラビホ香枕クラヴィーアラヴィアサイトブラヴィエル岩バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻/piano soloラヴィーナ:ノクターン/piano soloバッハ:クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ第6番 ト長調/pf, vnバッハ ヴィルヘルム・フリーデマンラヴィーナ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone