コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットー Otto, John Conrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オットー
Otto, John Conrad

[生]1774.3.15. ニュージャージー,ウッドバリー
[没]1844.6.26. フィラデルフィア
アメリカの医師。初めて血友病を記載し,特別の家系の男子だけが患者となり,女子は発病しないが,その男児にはこの病気が遺伝すると述べた (1803) 。また,血友病の出血を止めるために硫酸ナトリウムを内用することを提唱したほか,てんかんの研究も行なった。

オットー
Otto, Nikolaus August

[生]1832.6.10. ホルツハウゼ
[没]1891.1.26. ケルン
ドイツの発明家。4サイクル機関開発蒸気機関に代る動力機関実用化への道を開いた。 1861年彼の最初のガソリン機関を開発,67年パリ万国博覧会で金賞を獲得。 76年から内燃機関に4行程サイクル方式を導入,安定的でしかも効率の高いガソリンエンジンを実用化するのに成功した。しかし4サイクル機関の特許は 62年にすでにフランスで出願されていたため,特許紛議が起った。

オットー
Otto, Rudolf

[生]1869.9.25. パイネ
[没]1937.3.6. マールブルク
ドイツの神学者,哲学者,宗教史家。エルランゲン,ゲッティンゲン両大学で学んだのち,ゲッティンゲン (1897~1914) ,ブレスラウ (14~17) ,マールブルク (17~29) の各大学で教える。かたわらプロシア議会議員 (13~18) ,憲法制定議会議員をつとめた。宗教の心理と歴史をおもに扱い,宗教の本質を合理的哲学から区別した。主著"Die Anschauung vom heiligen Geiste bei Luther" (1898) ,"Naturalistische und religiöse Weltansicht" (1904) ,『聖なるもの』 Das Heilige (17) ,"West-Östliche Mystik" (26) ,"Die Gnadenreligion Indies und das Christentum" (30) ,"Reich Gottes und Menschensohn" (34) 。

オットー
Otto von Bamberg

[生]1062頃
[没]1139
ドイツ,バンベルクの司教。聖人。叙任権論争では教皇に同情しつつも中立の立場を取り,1121年ウュルツブルクの会議では平和の回復に努力し,22年ウォルムスの政教協約によってこれを達成した。ポメラニアの布教に努めた。ポメラニアの使徒といわれる。祝日は7月2日。

オットー
Otto von Freising

[生]?
[没]1158.9.22. モリモン
ドイツのスコラ哲学者,神学者,歴史家。生年は 1111~14年。オーストリア辺境伯レオポルト3世の子で,神聖ローマ皇帝コンラート3世の異母兄,フリードリヒ1世 (赤髯王) の叔父にあたり,政治にも影響を与えた。 1127/8年パリに遊学,32/3年に戻ってモリモンのシトー会修道院に入り,38年その院長になると同時にフライジングの司教となった。叙任権闘争 (→叙任権論争 ) によるキリスト教界の危機意識に立ち,アウグスチヌスの『神の国』を模範としながら書いた『二つの国の年代記 (二国論) 』 Chronica sive historia de duobus civitatibusは,中世ヨーロッパにおけるキリスト教的歴史叙述の傑作とされており,時の,地上の,悪魔の国と,永遠の,天上の,キリストの国の盛衰を世界史を通して描いている。地上の国を現実の帝国と同一視した彼は,力と知が東方から西方へ伝播した歴史的過程を衰退とみながら,コンスタンチヌス1世 (大帝) の改宗以来の帝国を,2つの国が1つになった教会の歴史とし,神聖ローマ帝国に地上の神の国をみている。フリードリヒ1世に捧げられたこの年代記は 46年までであるが,のちオットー・フォン・ザンクト=ブラジエンにより 1209年まで書継がれた。ほかにホーエンシュタウフェン家,なかんずくフリードリヒ1世の歴史を扱った"Gesta Friderici I"がある。

オットー
Otto, Frei

[生]1925.5.31. ジークマール
[没]2015.3.9. シュツットガルト
ドイツの建築家。1952年ベルリン工科大学卒業。1964年シュツットガルト大学教授。構造体にプレキシガラスパネル,ポリエステルシートなどの膜,ケーブル,そして木を用いる張力構造によって広大な内部空間と変化に富む外観を可能にした。静的建築物に動的なものを導入し,従来,仮設的に用いられていた「テント構造」を恒久的建築物に採用,いわゆる「膜構造」技術を完成したとされる。代表作に,ミュンヘン・オリンピック競技大会のメインスタジアム(1972),マンハイムの多目的ホール(1975),ミュンヘン動物園の鳥の家(1976)などがある。2000年,ドイツで行なわれたハノーバー国際博覧会の日本館を坂茂とともに手がけた。2006年高松宮殿下記念世界文化賞,2015年プリツカー賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オットー(Nikolaus August Otto)

[1832~1891]ドイツの技術者。4行程サイクルを完成し、実用的な内燃機関を初めて製作。

オットー(Otto)

(1世)[912~973]神聖ローマ帝国初代皇帝。在位962~973。936年、ザクセン朝第2代のドイツの国王となり、他民族の侵入を防ぐとともに、教会勢力と提携することで諸侯をおさえ王権を確立。イタリア遠征後、教皇から帝冠を受けた。オットー大帝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オットー

中世ドイツの歴史家。貴族の出身でフライジングの司教。主著《二つの国の歴史》はアウグスティヌスにならって神の国と地上の国の対比のうちに1146年までの歴史を扱い,中世的歴史記述の典型とされる。

オットー

ドイツの技術者。ランゲンと共同してガス機関を研究,1866年フリーピストン機関の運転に成功,1867年のパリ万国博覧会で金賞を得た。以後もガス機関の改良に専心,1876年4サイクルガス機関(〈オットー機関〉と呼ばれ,現在も広範に使用されている)を完成させ,これにより内燃機関の独自の構造様式を確立した。
→関連項目オットー・サイクル自動車ダイムラー

オットー

ドイツの宗教学者,プロテスタント神学者。マールブルク大学教授。カント,シュライエルマハーらの影響下に書かれ,宗教体験の根底に〈絶対他者〉〈スミノーゼ〉を認めた《聖なるもの》(1917年)は宗教学の古典。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

オットー

2002年アメリカ、ソルトレイクで開催された冬季パラリンピック第8回大会の公式マスコット。カワウソモチーフ

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オットー【Otto von Freising】

1111か14‐58
ドイツの貴族バーベンベルク家出身の聖職者,歴史記述者。国王コンラート3世の異父弟,フリードリヒ1世の伯父。1138年いらいフライジング司教となり,シュタウフェン王家の国政に深くかかわる。43年から46年の間に大作《年代記》を書く。《二つの国の歴史》ともよばれ,アウグスティヌスの影響が顕著なこの歴史叙述は,混迷の現世的事象と神の国との対比を通じて展開される一つの普遍的救済史である。彼が晩年に書いたもう一つの歴史作品《フリードリヒ1世伝》はシュタウフェン家の前史とこの王の事績とを56年まで記述したもの。

オットー【Nikolaus August Otto】

1832‐91
ドイツの技術者。初めケルンで商業を営むが,1862年ころから蒸気機関に代わる小工場用の原動機としてガス機関の製作を志す。64年E.ランゲンとともにN.A.オットー商会創設,66年にはフリーピストン機関の改良,製作に成功した。この機関は大気圧機関で,J.ルノアールのガス機関よりガス消費量が約1/3と少なく,67年パリ万国博覧会では金賞を受賞した。72年G.ダイムラーとW.マイバハを迎えドイツ・ガス原動機製作会社を設立,この機関の改良を続けたが,好成績を得るにいたらず,結局放棄する。

オットー【Rudolf Otto】

1869‐1937
ドイツのプロテスタント神学者,宗教学者。ゲッティンゲン大学などを経て,マールブルク大学の組織神学教授。宗教の本質と真理を学問的に把握することを課題とし,人間の内的直感や予感を方法としてその解明に向かっていった。ルター,カント,シュライエルマハー,フリースJ.F.Fries,デ・ウェッテW.M.L.De Wetteの影響を受け,主著《聖なるもの》(1917)などで宗教を他の事物から説明せず,それ独自の事態として理解し,そこに〈聖なるもの〉〈ヌミノーゼNuminose的なもの〉の存在を認めた。

オットー【Teo Otto】

1904‐68
ドイツの舞台装置家。レムシャイトに生まれ,1924年カッセルで舞台装置家としてデビューしたのちベルリンに移り,28年国立劇場舞台装置主任となる。33年亡命,以後チューリヒ劇場を中心にして,グリュントゲンス,リントベルク,シュトルクスなどの演出に協力,またブレヒトフリッシュなどの舞台を作る。その傾向は,イリュージョン舞台を否定した立体的演劇空間の創造にある。【岩村 行雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オットー【Otto】

(一世)(912~973) ザクセン王朝二代目のドイツ王(在位936~973)。父ハインリヒ一世の国家統一のあとを継いで、王権を拡充した。ことにイタリア経営に意を用い、ローマ教皇より初代神聖ローマ皇帝(在位962~973)として戴冠。オットー大帝。
〔Nikolaus August O.〕 (1832~1891) ドイツの技術者。1876年、四サイクルのガス機関(オットー-サイクル機関)を完成、蒸気機関に対抗する内燃機関の地歩を築く。
〔Rudolf O.〕 (1869~1937) ドイツの神学者・宗教学者。聖なるものの分析により、宗教の本質として倫理や哲学を超えた深い非合理的な感情を認め、それをヌミノーゼと称した。著「聖なるもの」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のオットーの言及

【教会史】より

…中世前期には教会の全体像が薄れ,まず個々の民族,修道院,司教区等の年代史が作成されたが,11世紀以降の各種改革運動が教会全体の実態とあるべき姿とに対する関心を高めると,教会全体の年代史も作成された。フライジングのオットーは,アウグスティヌスの《神の国》に似た立場から《両国史》8巻を書き,中世的教会観からの脱皮を望む15~16世紀の人文主義者らは,種々の批判的教会史研究を著した。プロテスタントのフラキウス・イリュリクスMatthias Flacius Illyricus(1520‐75)は,これをさらに進めて,古代教会の伝統を継承しているのがルター派であることを立証する著作に努めた。…

【年代記】より

…旧約聖書《創世記》から論じ起こし,オリエント,ギリシア,ローマの諸文明を経由して,ヨーロッパ文明の成熟への道程を描いているが,神話的記述と,最近年についての現実的記述の段差が,ことに強い印象を与える。フライジングのオットーの《年代記》(《二つの国の歴史》ともいう。12世紀中葉)がよく知られている。…

【ローマ没落史観】より

…しかし,古代末期の知識人層は一般に地上のローマ帝国の永続を信じるローマ理念から脱却しきれず,ルティリウス・ナマティアヌスら異教徒にせよ,オロシウスらキリスト教徒にせよ,現今の老齢化が死に至るものであるとは予知せず,なお帝国の若返りを信じていた。
[中世から近代へ]
 中世においては,フライジングのオットーが《ダニエル書》の四世界帝国説に従って歴史叙述を行い,西ローマ帝国滅亡に神の審判をみて地上の権力のはかなさを説いたが,同時に彼は476年は狭義のローマ帝国の終焉(しゆうえん)にすぎず,帝権はフランク人に移行したとする。ローマ教皇,神聖ローマ皇帝,ビザンティン皇帝が並び立つ中世にあっては,このような〈帝権の移行〉〈帝国の更新〉という観念に基づくキリスト教的古代との連続感,およびキリスト教的摂理史観が支配的であり,ローマ没落原因論が展開される余地はほとんどなかった。…

【ガソリンエンジン】より


[発達の歴史]
 ガソリンエンジンの先駆となったのは,燃料としてガスを用いるガス機関であり,1860年ころルノアールJean Joseph Étienne Lenoir(1822‐1900)によってつくられた。N.A.オットーも1876年4サイクル火花点火式のガス機関を製作しているが,毎分回転数が200回程度で,馬力当りの重量も数百kgと重いものであり,燃料もガスであるため定置用に限られていた。83年G.ダイムラーは高速化により軽量化した小型4サイクルガソリンエンジンをつくり,85年二輪車を,86年四輪車を走らせた。…

【内燃機関】より

熱機関
[発達と利用の歴史]
 初期の内燃機関は負圧を利用するいわゆる大気圧機関であり,また無圧縮式であったため熱効率も低かったが,機構的には蒸気機関からピストン・クランク,ピストンリング,はずみ車など多くのものを取り入れて進歩し,1860年ころにはフランスのルノアールJean Joseph Étienne Lenoir(1822‐1900)により,複動蒸気機関によく似た無圧縮式電気点火ガス機関が商品化された。すでに1838年にW.バーネットにより動力ピストンによる混合気の圧縮が提案され,また62年にはフランスのボー・ド・ロシャAlphonse Beau de Rocha(1815‐93)により4サイクル方式の理論が提唱されているが,それとは無関係にN.A.オットーは76年単動1シリンダーのガス機関をつくった。これが4サイクルエンジンの最初のもので,ガス交換用および火炎点火用すべり弁はかさ歯車を介してクランク軸の1/2の回転数で駆動された。…

【恐れ】より

…実際の危険ではない想像上の危険でも,人は恐れを感じるが,いずれの場合でも,対象がはっきりしている時には恐れ,対象が漠然としている時には不安とよぶのが通例である。根源的恐れとしては,宗教的体験による情動として,R.オットーが,その著《聖なるもの》(1917)で,宗教的感情を分析し,神の力や意志,または聖なる力を意味するラテン語のヌーメンnumenから,ヌミノーゼNuminose感情という言葉を作り,その基底に相反する1対の感情が存在することを明確にした。それが畏怖(トレメンドゥムtremendum)と魅惑(ファスキナンスfascinans)であり,心理学者のユングは,人間が心の深奥にある元型にふれる時に,この根源的恐れと魅惑を感じると述べている。…

【罪】より

…それゆえ,絶対に聖なるものに対してわたしは滅びるという自覚が,罪意識の原点である。《詩篇》22篇の〈われは虫にして人にあらず〉,《ヨブ記》16章・19章,ルターのいう〈震撼させられた良心〉,R.オットーのいう〈戦慄すべき神秘〉がこれにあたる。そのため,キリスト教の罪観念は一般的価値としての善悪の観念によっては測られないものがある。…

【舞台美術】より

ベルリーナー・アンサンブルでの彼の仕事は世界的な評価を得たが,その一端は同劇団の舞台美術家の才能によるものであった。ネーアーCaspar Neher(1897‐1962),オットーTeo Otto(1904‐68),フォン・アッペンKarl von Appen(1900‐ )らである。叙事演劇の舞台ではスライドによって説明的なタイトルや解説を,舞台下半分をおおう引幕に投影したりした。…

【舞台美術】より

ベルリーナー・アンサンブルでの彼の仕事は世界的な評価を得たが,その一端は同劇団の舞台美術家の才能によるものであった。ネーアーCaspar Neher(1897‐1962),オットーTeo Otto(1904‐68),フォン・アッペンKarl von Appen(1900‐ )らである。叙事演劇の舞台ではスライドによって説明的なタイトルや解説を,舞台下半分をおおう引幕に投影したりした。…

※「オットー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オットーの関連キーワードベルリン・コーミッシェ・オーパー管弦楽団ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団ロサンゼルス・フィルハーモニックリウトプランド(クレモナの司教)エムデンマイエルホーフ経路ウィンザーの陽気な女房たちヨハネス16世(17世)オットー ヴァイニンガーオットー ワイニンガーヒューマン・ファクターダンシング・ヒーローピッツバーグ交響楽団オットー ヴァラッハベネディクツス7世ハインリヒ[2世]レヒフェルトの戦いハインリヒ[1世]ケルン室内管弦楽団ベレンガーリョ2世オットー レーヴィ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オットーの関連情報