コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラーマー Cramer, Heinz von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラーマー
Cramer, Heinz von

[生]1924.7.12. シュテッティン
ドイツの詩人,小説家。小説『サン・シルベリオ』 San Silverio (1955) などのほか,オペラ台本も多い。

クラーマー
Cramer, Johann Andreas

[生]1723.1.27. イェーシュタット
[没]1788.6.12. キール
ドイツの神学者,詩人。牧師の子に生れ,雑誌に関係したのち聖職につき,コペンハーゲン大学神学教授。のちここを追放され,キール大学教授。『全詩集』 (3巻,1782~83) がある。

クラーマー
Cramer, Johann Baptist

[生]1771.2.24. マンハイム
[没]1858.4.16. ロンドン
ドイツに生れ,イギリスで活躍したピアニスト,教育家。 M.クレメンティの弟子。ピアノ教師としてすぐれ,今日も使用されているピアノ練習曲集"Grosse praktische Piano-Schule"など多くの練習曲を残した。

クラーマー
Cramer, Wolfgang

[生]1901.10.18. ハンブルク
[没]1974.4.2. フランクフルト
ドイツの哲学者。 R.ヘーニヒスワルドの弟子。主著"Das Problem der reinen Anschauung" (1937) ,"Das Absolute und das Kontingente" (1958) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

クラーマー

ドイツのピアニスト。音楽の出版社を設立した他、ピアノの教育者としても名を馳せた。ヴァイオリニストが多い家系に生まれ、父親からヴァイオリンを教わるものの、ピアノで才能を発揮した。幼少の頃にロンドンへ移 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラーマー【Carl Friedrich Cramer】

1752‐1807
ドイツの言語学者,音楽著述家。1775年キール大学でギリシア古典,言語学の教授。1770年代から北ドイツの音楽家たちと交流を深め,C.P.E.バッハらの作品を出版。ことに83‐86年にハンブルクで刊行した《音楽雑誌Magazin der Musik》は当時の音楽事情をよく伝えている。フランス革命に共鳴し,95年パリに亡命。同地で97年ごろから印刷,出版事業に乗り出す。また音楽著述家としても活躍した。

クラーマー【Johann Baptist Cramer】

1771‐1858
ドイツのピアニスト,作曲家。祖父ヤーコプJacob(1705‐70)の代からマンハイムの宮廷楽団に勤め,父ウィルヘルムWilhelm(1746‐99)は最高の評価を与えられたバイオリン奏者であったが,1772年ころロンドンへ移住。ヨハン・バプティストは同地で音楽教育を受け,クレメンティの弟子となり,のちピアノ奏者として活躍。作曲家としてはピアノ・ソナタ,トリオ,練習曲などを書いた。1805年から楽譜出版事業にも進出。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クラーマーの関連キーワードハウプトマン(Gerhart Hauptmann)ゲッティンゲン詩派2月24日Jリーグ悪魔学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android