バトゥ諸島(読み)バトゥしょとう(英語表記)Kepulauan Batu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バトゥ諸島
バトゥしょとう
Kepulauan Batu

インドネシア,スマトラ島中央部のインド洋岸沖合いに浮ぶ島群。ニアス島とシブルト島にはさまれる。スマトラウタラ州に属する。タナマサ島,タナバラ島,ピニ島ほか 48の小島から成るが,人が居住している島は約 20である。いずれも低平で,ほぼ赤道直下にあたり,熱帯雨林が広がる。コプラ,樹脂,魚が主産物。面積1万 6500km2

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android