コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バビロン暦 バビロンれきBabylonian calendar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バビロン暦
バビロンれき
Babylonian calendar

前 30世紀後半頃からメソポタミアで行われた暦で,太陰太陽暦。年の初めは春分頃の新月の日を起点とする1月 (ニサヌ月 Nisannu) に始り,平年を 12ヵ月,すなわち,354日とし,閏年を 13ヵ月として太陽年に一致させた。閏年の場合,普通 12月 (アダル月 Addaru) を2度繰返して,あとのほうを第2のアダル月と呼んだ。しかし,ときには6月 (ウルル月 Ululu) を2度繰返したこともあり,また他の月を繰返したりして,その置閏法は一定しなかった。前6世紀の初め頃から8年3閏法 (8暦年は 99暦月から成る) が採用され,次いで前 383年に 19暦年7閏法 (19暦年は 235暦月から成る) に改められ,あとはずっとこの置閏法が続けられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android