バフみがき(読み)ばふみがき(英語表記)buffing

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バフみがき
ばふみがき
buffing

バフの表面にバフ研摩剤をつけ、これを高速回転しながら工作物に押し付け、所要の仕上げ面品質にする加工法。バフ加工ともいう。バフの材料として木綿布、サイザル麻、フェルトなどが用いられる。
 バフ加工は超仕上げなどとは異なり、一般的には寸法、精度を目的とせず、主として平滑面あるいは鏡面光沢を得るために使用される。このような目的を容易に達成できる能率的な機械的表面仕上げ方法として、ほとんどすべての金属および非金属材料の表面仕上げに用いられている。また逆に、つや消し面を得るために用いられることもある。[清水伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android