コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラド balad

世界大百科事典 第2版の解説

バラド【balad】

アラビア語で元来は定住地を意味するが,一般には〈都市〉や〈むら〉,あるいは両者を含む〈地方〉の意味に用いられる。このようなバラドの多義性は,イスラム社会の都市とむらが必ずしも厳密には区別されてこなかったことに由来する。〈聖なるバラド〉といえばメッカのことであるし,エジプトやイラクのむらもまたバラドと呼ばれた。もっとも,むらとしてのバラドは,自然村(カルヤqarya)に対して,行政村の意味に用いられることが多く,この場合には,中央政府により租税徴収の単位として把握された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android