コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラド balad

世界大百科事典 第2版の解説

バラド【balad】

アラビア語で元来は定住地を意味するが,一般には〈都市〉や〈むら〉,あるいは両者を含む〈地方〉の意味に用いられる。このようなバラドの多義性は,イスラム社会の都市とむらが必ずしも厳密には区別されてこなかったことに由来する。〈聖なるバラド〉といえばメッカのことであるし,エジプトやイラクのむらもまたバラドと呼ばれた。もっとも,むらとしてのバラドは,自然村(カルヤqarya)に対して,行政村の意味に用いられることが多く,この場合には,中央政府により租税徴収の単位として把握された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バラドの関連キーワードアグテレックアグテレク・スロバキアカルストディアス・デル・カスティリョアンヌ・ドートリッシュイブラーヒーム・ベイサン・サルバドル反乱鎮圧訓練学校シャニダール遺跡バリャドリード中央アメリカロートレックシャニダールグアテマラペルー革命井森美幸松本明子坂本文子オラデヤ下舘夏希シャイフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android