バルカモニカの岩絵群(読み)バルカモニカノイワエグン

  • バルカモニカのいわえぐん〔いはヱグン〕

デジタル大辞泉の解説

Incisioni rupestri della Val Camonica》イタリア北部のアルプス山麓にあるカモニカ渓谷に残された岩絵。70キロメートルにおよぶ渓谷の岩壁には、旧石器時代から古代ローマ時代にわたる先住民族の線刻画が、約14万点残されている。農耕狩猟戦争など古代人の生活ぶりを知ることができる貴重なものとして、1979年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android