コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルチスターン地方 バルチスターンちほうBalūchestān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルチスターン地方
バルチスターンちほう
Balūchestān

イラン南東部とパキスタン南西部にまたがる地方。面積約 51万 8000km2。古代のゲドロシアで,前 325年アレクサンドロスの軍はここを通って退却した。7~10世紀に大部分がアラブに占拠され,11~12世紀にセルジュークに追われたバローチー族ペルシアから移住,17世紀初期にはモンゴルに支配され,18世紀を通じてペルシアとアフガニスタンの紛争の的となった。 19世紀にイギリスの勢力下でペルシアとインドの間に分割され,1895~96年に境界が確定した。イラン領はシースターン・バ・バルチスターン州となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バルチスターン地方の関連キーワードアレクサンドリア[古代]ブラーフーイー語ドラビダ語族マシュケル湖ヒンゴル川

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android