バルチスターン地方(読み)バルチスターンちほう(英語表記)Balūchestān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルチスターン地方
バルチスターンちほう
Balūchestān

イラン南東部とパキスタン南西部にまたがる地方。面積約 51万 8000km2。古代のゲドロシアで,前 325年アレクサンドロスの軍はここを通って退却した。7~10世紀に大部分アラブに占拠され,11~12世紀にセルジュークに追われたバローチー族ペルシアから移住,17世紀初期にはモンゴルに支配され,18世紀を通じてペルシアとアフガニスタン紛争となった。 19世紀にイギリスの勢力下でペルシアとインドの間に分割され,1895~96年に境界が確定した。イラン領はシースターン・バ・バルチスターン州となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android