コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルビヌス バルビヌスBalbinus, Decimus Caelius Calvinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルビヌス
Balbinus, Decimus Caelius Calvinus

[生]?
[没]238. ローマ
ローマ皇帝 (在位 238) 。セプチミウス帝のもとで執政官 (コンスル ) ,アシア総督,カラカラ帝のもとで再度執政官。 238年イタリア諸市が皇帝マクシミヌス (在位 235~238) に反逆したとき,それを指導した 20人の元老院議員の一人。選ばれてマクシムスとともに共治帝となったが,人望なく,2人の間に葛藤が生じたところを2人とも近衛軍に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バルビヌスの関連キーワード公有財産公孫氏政権増殖炉ウラン高速増殖炉ウランウラン普通財産ステージング核種