カラカラ帝(読み)カラカラてい(英語表記)Marcus Aurelius Severus Antoninus Caracalla

旺文社世界史事典 三訂版「カラカラ帝」の解説

カラカラ帝
カラカラてい
Marcus Aurelius Severus Antoninus Caracalla

188ごろ〜217
古代ローマ皇帝(在位211〜217)
セプティミウス=セヴェルス帝の子。カラカラとは好んで着用したガリア人の衣服に由来する。軍人皇帝時代の先駆をなし,暗殺奢侈 (しやし) ・増税・貨幣改悪などを行って悪名が高いが,212年アントニヌス勅令を発布し,属州プロヴィンキア)を含む帝国内の全自由民にローマ市民権を与えた意義は大きい。ドナウ川方面の治安維持につとめ,さらに東方パルティアに遠征したが,その途中,暗殺された。カラカラ大浴場造営で知られる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android