コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシムス Maximus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシムス
Maximus

[生]580. コンスタンチノープル
[没]662.8.13. ラツィカ
ビザンチンの神学者。聖人。特に証聖者と呼ばれる。ヘラクリウス帝に仕えたのち,修道院に入った。キリスト単意説に激しく反対したため,拷問ののちラツィカに追放され,その地で没した。彼の教えは,東方教会の神秘主義的伝統を説くものである。

マクシムス
Maximus, Marcus Clodius Pupienus

[生]?
[没]238.5.10.
古代ローマ,バルビヌス帝の共治帝 (在位 238) 。マクシミヌス帝の子。 235年から副帝とされていた。父とともに殺された。

マクシムス
Maximus, Magnus

[生]?
[没]388.8.28.
古代ローマの帝位僭称者 (383~388) 。貧しいヒスパニア人の出で,ブリタニアの軍団に推され帝位を僭称。グラチアヌス帝を倒し,ブリタニア,ガリア,ヒスパニアを支配。東方のテオドシウス1世帝位を認めさせ,カトリックを支持,異端を弾圧した。 387年突如イタリアに侵入,ウァレンチニアヌス2世を追って,テッサロニカに走らせたが,そのため,388年テオドシウス1世と戦端を開くこととなり,同1世に敗れ,処刑された。

マクシムス
Maximus

[生]?
[没]422
古代ローマの帝位僭称者。ヒスパニアで皇帝位を僭称 (409~411) ,以後も西ローマに反乱を続けたが敗れてホノリウスに処刑された。

マクシムス
Maximus, Petronius Anicius

[生]396
[没]455.5.31. ローマ
西ローマ皇帝 (在位 455) 。ウァレンチニアヌス3世の暗殺後,帝位につき,ウァレンチニアヌスの妃エウドシアに結婚を強いたが,エウドシアが導いたといわれるバンダル族の襲来を受け,ローマ市民によって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクシムス【Magnus Maximus】

?‐388
ローマ帝国の簒奪帝。在位383‐388年。スペインの低い家系の出。将軍テオドシウス(テオドシウス1世の父)に仕え,そのブリタニア遠征(369)とアフリカ遠征(373‐375)に参加,のちブリタニア軍司令官となる。383年春グラティアヌス帝に不満を抱く軍隊によって帝位に擁立され,ガリアへ渡ってグラティアヌス帝を倒し,ブリタニア,ガリア,スペインを勢力下に収めた。387年彼がイタリアに侵入し,ウァレンティニアヌス2世が逃亡するに及んで,それまで事態を黙認していたテオドシウス1世は翌388年春西征し,マクシムスはシスキアとポエトウィオ付近での2度の敗戦ののち投降し,8月28日処刑された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマクシムスの言及

【テオドシウス[1世]】より

…このカトリック国教化以後,一連の反異端勅令が続いた。 383年西方で簒奪帝マクシムスがグラティアヌスを倒すと,テオドシウスはこのときは彼を承認したが,387年マクシムスがウァレンティニアヌス2世をもイタリアから追うに及んで西征を行った。386‐387年ころ対ペルシア講和(これによりアルメニア王国を両国で分割)を締結したことも,この西征を可能とした。…

※「マクシムス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マクシムスの関連キーワードウァレンティニアヌス[2世]テオドシウス(1世)ゴルディアヌス3世プリスキリアヌスカルウィリウスフェビアン協会ポンチフェクスグラチアヌススエトニウススカエウォラサツルニヌスファビウス家アエチウスヒスパニアポエニ戦争レピドゥステルミヌスユリアヌスシンマクスユピテル

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android