コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンジョー[banjo] バンジョー

1件 の用語解説(バンジョー[banjo]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

バンジョー[banjo]

アフリカの黒人がアメリカに持ち込んだ楽器で、その後アメリカのカントリーやディキシーランド・ミュージックで主に使用される。ボディは木と金属で作られたリムでできていて、ギターのボディの表板にあたる部分には、プラスチックまたは革製のヘッドが貼られている。レゾネーターは、付いているものといないものがある。ネックの幅はギターに比べて狭い。ブルーグラスバンジョーは5弦で、チューニングは1弦からD/B/G/D/G/(3弦のオクターブ上)。5弦のG音をコードに関係なくピッキングするのがサウンドの特徴。テナー・バンジョーは4弦で、チューニングは1弦からE/A/D/GまたはE/B/G/Dとし、ストロークで演奏する。ギター・バンジョーは6弦でギターと同じチューニング。ギターのスリーフィンガー、別名スクラッグ・スタイルや、メロディック・スタイル、フレイング、ダブル・サミング、ストロークなど様々な奏法がある。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
音楽用語ダスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone