コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンジョー[banjo] バンジョー

音楽用語ダスの解説

バンジョー[banjo]

アフリカの黒人がアメリカに持ち込んだ楽器で、その後アメリカのカントリーやディキシーランド・ミュージックで主に使用される。ボディは木と金属で作られたリムでできていて、ギターのボディの表板にあたる部分には、プラスチックまたは革製のヘッドが貼られている。レゾネーターは、付いているものといないものがある。ネックの幅はギターに比べて狭い。ブルーグラスバンジョーは5弦で、チューニングは1弦からD/B/G/D/G/(3弦のオクターブ上)。5弦のG音をコードに関係なくピッキングするのがサウンドの特徴。テナー・バンジョーは4弦で、チューニングは1弦からE/A/D/GまたはE/B/G/Dとし、ストロークで演奏する。ギター・バンジョーは6弦でギターと同じチューニング。ギターのスリー・フィンガー、別名スクラッグ・スタイルや、メロディック・スタイル、フレイング、ダブル・サミング、ストロークなど様々な奏法がある。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

バンジョー[banjo]の関連キーワードテナー・ギター[tenor guitar]アンドリュー・バートン パターソンブルーグラス[bluegrass]ニューオーリンズ・ジャズウイルバー・B. ウエアカントリー・ミュージックカントリー・ミュージックヒルトン ジェファーソンウォーク・ライト・インマウンテンミュージックアイドリス ムハンマドカントリー&ウエスタンバーナード アディソンカーメン マストレンエルマー スノーデンエマニュエル ポールA.エディ コンドンサリナ ジョーンズナッピー ラマールジョージ シーガル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android