ストローク

精選版 日本国語大辞典「ストローク」の解説

ストローク

〘名〙 (stroke)
ボートで、水中でのオールの一掻き。また、時間に対する漕ぎ数。
② ボートの艇尾に最も近い漕ぎ手。整調。
水泳で、腕で水を掻くこと。一かき。
④ テニス・卓球・ゴルフなどで球を打つこと。また、ゴルフでは打った打数のこともいう。
※テニス(1923)〈熊谷一彌〉三「総てストロークは、サービスを除く外は、フォワー・ハンドとバックハンドの二つより成る」
⑤ 往復運動をする機械類のピストンやプランジャーが一端から他端まで動くこと。また、その動く距離。行程衝程
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉四「ウォシントンポンプが鈍重なストロークで船底をゆすり初めた」
⑥ タイプライターのキーの時間に対する打ち数。打数。
⑦ ギターなどで、和音を弾くときの、をかき鳴らす手の動き。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ストローク」の解説

ストローク(stroke)

水泳で、腕で水をかくこと。また、そのひとかき。
テニス・卓球・ホッケー・ゴルフなどで、球を打つこと。また、ゴルフで打数のこと。
スピードスケートで、一滑り。
ボートで、オールの一こぎ。また、ボートの艇尾に最も近いこぎ手(整調)のこと。
行程こうてい4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「ストローク」の解説

ストローク

押していない状態から、押し下げた状態までのキートップの移動量。移動量が大きいものは「ストロークが深い」、小さいものは「ストロークが浅い」という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のストロークの言及

【ボート】より

…各コースはブイによってセパレートされている。コースを侵害し,相手のストロークを妨害したと認められたときは失格となる。レースでは,各クルーがピッチに秘策を練る。…

※「ストローク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android