コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージル[峠] Burzil Pass

世界大百科事典 第2版の解説

バージル[峠]【Burzil Pass】

インド亜大陸北西部,パンジャーブ・ヒマラヤ北西端のナンガ・パルバット山から南東走するパンギ山脈中にある峠。標高4199m。1949年画定のカシミール紛争停戦ラインにより,パキスタン側のアーザード・カシミールに属することになった。インド・パキスタン分離独立以前には,カシミールの主都スリーナガルからギルギット,フンザを経て中央アジアに至る重要な交通路として,またカラコルム登山のルートとして利用された。【応地 利明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報