コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージル[峠] Burzil Pass

1件 の用語解説(バージル[峠]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バージル[峠]【Burzil Pass】

インド亜大陸北西部,パンジャーブヒマラヤ北西端のナンガ・パルバット山から南東走するパンギ山脈中にある峠。標高4199m。1949年画定のカシミール紛争停戦ラインにより,パキスタン側のアーザードカシミールに属することになった。インド・パキスタン分離独立以前には,カシミールの主都スリーナガルからギルギットフンザを経て中央アジアに至る重要な交通路として,またカラコルム登山のルートとして利用された。【応地 利明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バージル[峠]の関連キーワードインダス川インド亜大陸シムラパキスタンパンジャブレンジャーインド半島南アジア亜大陸デンジャー・ポイント

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone