コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーブエルマンデブ海峡 バーブエルマンデブかいきょうStrait of Bāb el-Mandeb

1件 の用語解説(バーブエルマンデブ海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーブエルマンデブ海峡
バーブエルマンデブかいきょう
Strait of Bāb el-Mandeb

紅海とアデン湾とを結ぶ海峡。アラビア語の「涙の門」を意味する難所であった。幅 32kmで,中央部にあるペリーム (パリーム) 島によって2つの海峡に分れる。西の海峡は幅 25km,水深 311mで,東は幅 3.2km,水深 29mである。夏の北北西風の季節には表面流と底流が紅海からアデン湾に流出し,中間層流が紅海に逆流する。冬は表面流が紅海に流込み,底流がアデン湾に流出する。海峡をはさんでアラビア半島のイエメンと,アフリカ大陸のエリトリア,ジブチが対峙し,経済的にも戦略的にも要衝である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone