コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラティー Subrahmanya Bhāratī

世界大百科事典 第2版の解説

バーラティー【Subrahmanya Bhāratī】

1882‐1921
南インドのタミル・ナードゥ州の国民的詩人で,タミル近代詩の創始者。タミル口語体の価値を再認識し,会話の自由な表現や民謡のリズムを取り入れて,伝統的な詩形式を革新した。旧来の詩の概念にとらわれず,テーマも日々の生活やそれを取り巻く状況から積極的に取り入れ,抗英独立運動に参加しながら数多くの政治詩をつくった。短詩の名人とされるが,長編詩にもすぐれ,代表作に《クイルパーットゥKuyil‐pāṭṭu(郭公の歌)》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーラティーの関連キーワードタゴール(Rabindranath Tagore)S.H.V. アッギエーエナーティヤ・シャーストラシャンティニケータンゴーカレー秋野 不矩秋野不矩ムンシ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーラティーの関連情報