郭公(読み)カッコウ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐こう〔クワク‐〕【郭公】

《鳴き声から》カッコウ目カッコウ科の鳥。全長約35センチ。全体に灰色で、腹に黒い横斑がある。ユーラシア・アフリカに分布。日本には夏鳥として渡来し、高原などでみられる。自分では巣を作らず、モズホオジロなどの巣に托卵する。ひなは早く孵化(ふか)し、仮親の卵を巣の外へ放り出す習性がある。閑古鳥(かんこどり)。合法鳥(がっぽうどり)。かっこうどり。 夏》「―や眠りの浅き旅の宿/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっこう【郭公】

カッコウ目カッコウ科の鳥。全長35センチメートル 内外で、翼と尾が長い。背面は灰色、腹面は白で細い不規則な黒の横しまがある。日本には夏鳥として渡来する。開けた林や草原にすみ、カッコー、カッコーと鳴く。自分で巣を作らず、ホオジロやモズなどの巣に産卵し、ひなはその巣の親に養われる。閑古鳥かんこどり。呼子鳥よぶこどり。合法鳥がつぽうどり[季] 夏。 〔平安時代以来、ホトトギスに「郭公」の字を当てることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

郭公 (カッコウ)

学名:Cuculus canorus
動物。ホトトギス科の鳥

郭公 (ホトトギス)

学名:Tricyrtis hirta
植物。ユリ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かっ‐こう クヮク‥【郭公】

〘名〙
① カッコウ科の鳥。全長約三五センチメートルで、ホトトギスより大きい。背面は濃灰色で、腹面には白地に黒色の横斑が不規則に並ぶ。まれに全身赤味を帯びた赤色型がいる。自分で巣を作らず、モズ、オオヨシキリなどの巣に産卵し、それらの鳥を仮親として育てさせる。ユーラシア大陸中北部に広く分布し、日本には五月頃渡来し、八月頃去り始める。平地から低山にすみ、主に昆虫を捕食する。鳴き声は「カッコー」と聞こえる。かっこどり。かんこどり。がっぽうどり。よぶこどり。ふふどり。《季・夏》
※蘆刈(1939)〈水原秋桜子〉「公や瑠璃沼蕗の中に見ゆ」
② 鳥「ほととぎす(杜鵑)」をいう。「ほととぎす」の漢字表記「郭公」を音読したもの。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※俳諧・御傘(1651)一「郭公(ほととぎす)〈略〉或はくっこう・杜鵑・子規〈略〉ときの鳥なとの異名にして」
[語誌]中国では①を指す語として用いられているが、日本では平安初期の「新撰万葉」「新撰字鏡」などが、「ほととぎす」に「郭公鳥」「郭公」などの字をあてており、長く「ほととぎす」を表記する語として用いられてきた。「かっこう」を「郭公」と表記するようになるのは近代に入ってからである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

郭公の関連情報