バール連盟(読み)バールれんめい(英語表記)Barska Konfederacja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バール連合とも呼ばれる。ポーランドシュラフタが,国の独立とカトリック特権を擁護するために結成した同盟 (1768~72) 。 A.クラシンスキ,J.ポトツキらの指導で 1768年ウクライナのバールで結成された。ロシアに保護されたポーランド王スタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキに対し,フランス,トルコ援助を得て廃位を要求。次第に愛国的国土防衛軍の様相示し,広範な支持を集めたが,第1次ポーランド分割 (72) で解体

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android