コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バール連盟 バールれんめいBarska Konfederacja

1件 の用語解説(バール連盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バール連盟
バールれんめい
Barska Konfederacja

バール連合とも呼ばれるポーランドシュラフタが,国の独立とカトリックの特権を擁護するために結成した同盟 (1768~72) 。 A.クラシンスキ,J.ポトツキらの指導で 1768年ウクライナバールで結成された。ロシアに保護されたポーランド王スタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキに対し,フランス,トルコの援助を得て廃位を要求。次第に愛国的国土防衛軍の様相を示し,広範な支持を集めたが,第1次ポーランド分割 (72) で解体。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone