パガニーニ大練習曲

デジタル大辞泉プラスの解説

パガニーニ大練習曲

ハンガリー生まれの作曲家フランツ・リストのピアノ曲集(1851)。原題《Grandes études de Paganini》。『パガニーニ練習曲』とも呼ばれる。自身が1838年に作曲した『パガニーニによる超絶技巧練習曲』を改作したもの。一般的にこの改作版が演奏されることが多い。『ラ・カンパネッラ』が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

パガニーニだいれんしゅうきょく〔‐ダイレンシフキヨク〕【パガニーニ大練習曲】

《原題、〈フランス〉Grandes études de Paganiniリストのピアノ曲集。1851年作曲。自身が1838年に作曲した「パガニーニによる超絶技巧練習曲」を改訂したもの。第3曲「ラ‐カンパネッラ」は単独で演奏されることが多い。パガニーニ練習曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android