コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パステル画 パステルガ

デジタル大辞泉の解説

パステル‐が〔‐グワ〕【パステル画】

パステルで描いた絵。18世紀以後、フランス画家が優れた作品を残した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

パステルが【パステル画】

パステルで、目の粗い画用紙・羊皮紙・亜麻布などに描いた絵。明るく柔らかい調子をもつ。一六世紀にイタリアで起こり、一八世紀にフランスで流行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

パステル画の関連キーワードラ・トゥール(Maurice Quintin de La Tour)パステル和(NAGOMI)アートの日フェデリーコ サンドメーネギファンタン=ラトゥールシャルル アングランユージェヌ ヤンソンムンクの「叫び」アンリ ミショーバシュキルツェフアレクサンドリサン・カンタンフィクサチーフザンドメーネギパステルカラーミニアチュール武内 鶴之助デュフレーヌフキサチーフナントゥイユ田村 孝之介

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パステル画の関連情報