コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナビア・トーネード パナビア・トーネードPanavia Tornado

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナビア・トーネード
Panavia Tornado

イギリス,ドイツ,イタリア3ヵ国が共同開発した可変翼の多用途攻撃機。対地攻撃,低空侵攻,対艦攻撃,迎撃,偵察などの任務を一つの原型機から開発する構想で,初飛行は 1974年8月。イギリス空軍用に防空型のトーネード ADVも開発され,1979年 10月に初飛行した。低空侵攻能力をいかして,湾岸戦争時はイラク軍の飛行場や防空陣地の攻撃にあたった。エンジンはターボユニオン RB199-34Rターボファン (推力 7300kg) 2,乗員2,全長 16.2m,全幅 (主翼展張時) 13.9m,総重量約 28t,最大速度マッハ 2.2,戦闘行動半径 1390km。武装は 27mm機関砲2,ミサイル,爆弾など最大搭載量 9t。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android