偵察(読み)ていさつ(英語表記)reconnaissance

翻訳|reconnaissance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偵察
ていさつ
reconnaissance

敵の所在や状況をひそかに探ること。平時でも潜在敵国などに対して行われる。手段として各種目視のほかに写真,電子などの諸装置が各種の兵力に装備されている。装甲察車両,偵察機,偵察艦艇,スパイ衛星など偵察専門の兵力がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐さつ【偵察】

[名](スル)ひそかに敵の動静などを探ること。「敵国の情勢を偵察する」「空中偵察

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ていさつ【偵察 reconnaissance】

一般的には敵対する相手側の様子をさぐることであり,軍事的には自軍の軍事行動に資するため必要とする敵,敵性勢力および地域についての情報資料を直接的に収集する行動をいう。偵察の手段には人間の五感によるほかに写真,赤外線,電子的手段などがある。偵察の要領には敵に察知されないよう隠密に偵察する方法と公然と力を発揮して行う威力偵察とがある。【茅原 郁生】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていさつ【偵察】

( 名 ) スル
敵や相手の様子をこっそり探ること。 「敵情を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐さつ【偵察】

〘名〙 敵や相手の様子・動きなどをひそかに探ること。また、その人。探察斥候。偵伺。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「執政党は早くも此の企を偵察し」 〔後漢書‐烏桓伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

偵察の関連情報