コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パピアス Papias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パピアス
Papias

2世紀頃在世したギリシア教父フリュギアヒエラポリスの司教。エイレナイオスポリュカルポスの同時代者。福音書中にないイエスの言葉を収録した5巻から成る『主の言葉の注釈』 Logiōn kyriakōn exēgēseisを書いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のパピアスの言及

【パピアスの断片】より

使徒教父に含まれる一文書。パピアスは2世紀初め小アジア,フリュギアのヒエラポリスの教会の主教。エイレナイオスによれば使徒ヨハネの弟子であり,ポリュカルポスの友人でもあった。…

※「パピアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パピアスの関連キーワードパピアスの断片使徒教父マタイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android